白身と黄身がみごとに混ざる!生卵かきまぜ専用スティック「まぜ卵」

生卵の白身を切って、ドロっとした食感を解消してくれる、生卵かきまぜ専用スティック「まぜ卵(まぜらん)」をご紹介します。

まぜ卵

これを使いはじめたのは、長男が高校生になったばかりの頃です。
少しでもお弁当作りの時間を短縮できる便利グッズはないかな〜と思って見つけました。
生卵をかき混ぜるだけの道具・・・というか、生卵をかき混ぜるのに特化した道具です。

もともとは卵かけご飯のために開発された道具なんですが、これを作ろうと思ったきっかけというのがなるほどな〜というお話しで。
開発者が子供のころ、卵かけご飯を食べるときはいつもお姉さんが「お先にどうぞ」と言ってくれていたんだそうです。それには訳があって、最初にかけると白身ばかりがドロンとご飯にかかるじゃないですか。そして次にかけるお姉さんには黄身がたっぷり・・・その不公平さを何とかしたいと思ったんだそうです。

使い方は、ボウルなどに生卵を割り入れ、切るようにかき混ぜるだけです。
白身を切るように動かすだけで、なめからな溶き卵が完成します。
箸で混ぜるのに比べて格段にスピーディーです。

まぜ卵

短時間で黄身と白身がキレイに混ぜ合わさる秘密は、棒の先についた金属刃。
この野菜の皮むきのような金属刃が白身を切ってくれるからなんです。
(※先っぽの丸いところは、器を傷つけないためのものです)

まぜ卵

黄身と白身がキレイに混ざると、かき玉汁もきれいにできます。
茶碗蒸しを作る時にも、泡を立てずに卵を混ぜられて便利。
あとは・・・パンを作るときかな。最後につや出し用の卵をハケで塗るのにも、よく混ざった卵は使いやすいです。

そしてなんと言っても卵かけご飯!
ご飯と卵が滑らかに絡まるので、白身のドロっとした食感が苦手な方にもおすすめです。

刃の端の方には「カラザ」をとるためのくぼみがついています。

まぜ卵

ここを使うとカラザが簡単に取れるということだったんですが、やってみると難しく時間もかかるので結局断念。
私が不器用すぎるのか?と残念に思っていたんですが、卵を溶いていると、このくぼみにカラザが自然に絡まってくるじゃないですか!な〜んだ、あんなに頑張らなくてもよかったんだ(笑)

なくても困らないものだけど、持っているとかなり便利!
いまではなくてはならない必須アイテムになっています^_^

まぜ卵はこちらで購入できます
楽天市場で探す Yahoo!ショッピングで探す Amazonで探す

ランキングに参加しています いつも応援ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

ハレの日キッチン

コメント
コメントお待ちしています








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

        

スポンサード リンク

ブログ内検索

information

こんにちは!管理人のKaboです。長男高校入学から次男高校卒業までの5年間、1度も休むことなく続けたお弁当記録のブログです。好き嫌いの多い息子のためいつも同じようなおかずで凝ったお弁当などもありませんが、少しでも参考になることがあれば、もしくは「お弁当ってこんなもんでいいんだ」と思っていただければ幸いです。
詳しいプロフィールはこちら♪

<お弁当レシピ本発売!>

11人の料理上手がつくる「美味しい」と言ってもらえるお弁当
kaboのレシピも掲載されたレシピ本が発売になりました^_^


Yell sports 和歌山Vol.3(2016年3月)「教えて!部活弁当」にて、お弁当写真とレシピを掲載いただきました。Kaboの顔写真も載っていま〜す


Yell sports 和歌山Vol.4(2016年6月)「教えて!部活弁当」にて、お弁当写真とレシピを掲載いただきました。

お問い合わせはこちらからお願いします

日記はこちらのブログで書いています

ランキングに参加中
にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ



管理人Kaboは、オイシックスの野菜・総菜・冷凍食品を使っています

新着記事

カテゴリー

お弁当作りに役立つレシピ本

Twitter



画像・文章の転載、転用について
※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。

その他の運営サイト

コメントありがとうございます

プロフィール

書いた記事数:620 最後に更新した日:2016/04/16
        

archives

others

携帯からもご覧いただけます

qrcode

powered

Powered by JUGEM