自家製ひき肉で作る信田巻き

クイジナートプロッププロセッサーのレビュー3回目です。
今日は、自家製ひき肉で作る「信田巻き」をご紹介します。

お肉は本当に刻むことができるのか!?と思っていたのですが、ひき肉もあっという間に作ることができましたよ(v^ー°)

クイジナートプロッププロセッサー 自家製ひき肉

やっぱりパワフルだわ〜
このひき肉を使って、「信田巻」を作ってみました。

信田巻き

信田巻の材料はこちら。

信田巻き レシピ 材料

まずは鶏ムネ肉をひき肉にします。
そこに水を切った木綿豆腐、卵、酒、塩を入れ混ぜ合わせます。

クイジナート ミニフードプロセッサー

ここまでの作業が数分!手で混ぜ合わせるよりも、断然ラクチンです。
あとは油揚げでこのタネを巻いて、調味料で煮たら完成です。

信田巻きの作り方

普通に作ると手間のかかる信田巻も、簡単に作ることができます。
洗い物も少しですむので、後片付けもいつもよりラク♪

クイジナートプロッププロセッサー
↑洗いものはこれだけ

1度に4人分は作れないので同じ作業を2回繰り返したんですが、それでも下ごしらえが10分程度で終わってしまうので、面倒ということはありませんでしたよ。

フードプロセッサーというと、ついついしまいっぱなしになりがちなキッチン家電ですが、ミニプレッププロセッサーは出しっ放しにできるコンパクトなサイズなので、「ちょっと使ってみようかな」と気軽に使えるところが便利なんだと思います。
何か作りたくなっちゃいますよ(笑)

信田巻きのレシピ

【材料】※計算しやすいよう油あげ1枚分の分量にしてあります
・油あげ 1枚
・鶏むね肉 100g
・木綿豆腐 1/4丁
・いんげん 2本
・にんじん 細切り2本(長さはいんげんに合わせる)
・卵    1/4個
・酒    大さじ1/2
・塩    少々

<合わせ調味料>
・だし汁  1カップ
・砂糖   大さじ1
・正油   大さじ1
・酒    大さじ2
・塩    少々

【作り方】
1.豆腐は水切りをしておきます。
2.いんげん、にんじんは茹でておきます。
3.油あげは3辺を切り落とし、開いて油抜きをしておきます。
4.鶏ムネ肉をひき肉にします。
5.水を切った木綿豆腐、卵、酒、塩を入れ混ぜ合わせます。
6.油あげに「5」を広げ、いんげんとにんじんを芯にして巻き、端をつまようじで止めます。
7.浅めの鍋に<合わせ調味料>を煮たて、「6」を入れて15〜20分煮ます。


使用したフードプロセッサー

ランキングに参加しています いつも応援ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

ハレの日キッチン

コメント
コメントお待ちしています








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

        

スポンサード リンク

ブログ内検索

information

こんにちは!管理人のKaboです。長男高校入学から次男高校卒業までの5年間、1度も休むことなく続けたお弁当記録のブログです。好き嫌いの多い息子のためいつも同じようなおかずで凝ったお弁当などもありませんが、少しでも参考になることがあれば、もしくは「お弁当ってこんなもんでいいんだ」と思っていただければ幸いです。
詳しいプロフィールはこちら♪

<お弁当レシピ本発売!>

11人の料理上手がつくる「美味しい」と言ってもらえるお弁当
kaboのレシピも掲載されたレシピ本が発売になりました^_^


Yell sports 和歌山Vol.3(2016年3月)「教えて!部活弁当」にて、お弁当写真とレシピを掲載いただきました。Kaboの顔写真も載っていま〜す


Yell sports 和歌山Vol.4(2016年6月)「教えて!部活弁当」にて、お弁当写真とレシピを掲載いただきました。

お問い合わせはこちらからお願いします

日記はこちらのブログで書いています

ランキングに参加中
にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ



管理人Kaboは、オイシックスの野菜・総菜・冷凍食品を使っています

新着記事

カテゴリー

お弁当作りに役立つレシピ本

Twitter



画像・文章の転載、転用について
※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。

その他の運営サイト

コメントありがとうございます

プロフィール

書いた記事数:620 最後に更新した日:2016/04/16
        

archives

others

携帯からもご覧いただけます

qrcode

powered

Powered by JUGEM